カテゴリの説明はしっかり入力しようの巻

ctsmdisc

短いメタデータ

前にカテゴリ分けをしたのですが、
今度はGoogleウェブマスターツールのHTMLの改善でたくさん
短いメタデータが出てしまいました。

今までもあったのですがRingBlog時代の記事だったので
robots.txtでブロックしてあるので無視できます。

このブログの場合、賢威6というテーマを使用しているので、
カテゴリの説明が入力していないと、○○の記事一覧と表示されてしまいます。

この短いメタデータを直すにはカテゴリの説明をしっかり入力する
必要があります。

crdiswp1

 

メタディスクリプションは検索エンジンの検索結果でも表示される可能性があり、
文字数としては100文字程度の説明にすると良いみたいですが、
カテゴリを説明しろと言われてもそんなに出来ないので50文字は入れる様に
しています。

タイトルタグの重複はパーマリンク変更前と後で重複として認識されてしまってますが
301リダイレクトしているはずですし、rel=’canonical’を設定してあるので
重複コンテンツとは認識されないハズです。

次に、

重複するメタデータ(descriptions)

重複するメタデータ(descriptions)はカテゴリに属する記事が多いと
複数のページに分かれますが、その時もカテゴリの説明がmeta descriptionに使用される為
カテゴリページでメタディスクリプションが重複してしまいます。

これは適当なプラグインを探すか、改造して直そうかと思ってます。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)