ブログのPV、ページビューを上げたかったら回遊性高めろ

ページビューってやっぱり、多い方が良いですよね。
私も、アクセス解析などでよく見ています。

ページビューを上げるには、
検索やソーシャルからの流入を増やす必要がありますが、
なかなか思い通りにはいきません。

そこで、おすすめしたいのが回遊性を高めることによって
ページビューを上げる方法です。

回遊性を高める事でPV数UPを狙う

ブログの回遊性を高めて、ページビューを上げる

回遊性を高めるには、ユーザーに興味を持ってもらう必要があります。

関連記事を記事下に表示

記事下に関連記事を表示する事で、他のページも見てみようと思っている
ユーザーを次のページにご案内します。

関連記事の表示は
Yet Another Related Posts Pluginで行っています。

設定は以下の通り。

表示する最低関連スコア:2
タイトル:検討する
内容:検討する
カテゴリー:検討する(重要視)
タグ:検討する

このブログではカテゴライズSEOを重視しているのでカテゴリを重要視しています。
このプラグインによる表示は記事内に表示されるのでSEO効果があります。

アクセスの多いカテゴリを集中して更新

このブログの様な雑多なブログは様々な記事を扱う、デパート状態。
化粧品売場もあれば、洋服売り場など様々なモノの様々な場所で売っています。

一方ブログも、私のブログの場合は、iPhone・金魚・メダカなどテーマがバラバラ。

各カテゴリの記事が少ないとiPhoneカテゴリの記事に金魚が出てきてしまいます。
ある程度はプラグインの設定で抑えられますが、記事数が少ないと出てきちゃうます。

デパートだと紳士服売り場に化粧品がある様な状態なので怒られてしまいます。

また、上でSEO効果があると書いていますが
関連性の少ない記事にリンクを張ることでSEO的にマイナス要素
となってしまうかもしれません。

また、ユーザーにとって興味のある記事が無いと
お帰りになってしまうので関連性の高い記事を増やす必要があります。

そこで、ユーザーが多く訪れるカテゴリから、
そのカテゴリの記事を増やす事で関連記事に表示される関連性の高い記事を増やします。

記事内から関連した記事にリンクを張る

過去に関連性のある記事を書いている場合、
関連性のある記事へ記事内からリンクを張ります。

大事な事なのでもう一度書きますが、
関連性のある記事、関連性が大事です。

関連性がなければ、だたのスパムですので注意して下さい。

ただし、SEO効果は一番高いです。
熟考の上、自己責任で行って下さい。

PV数が5%UPする関連コンテンツ ユニット

これは、アドセンスの広告ユニットの一つ。
すべての人が使えるわけでは無く、サイトのアクセス数とページ数により
基準を満たした場合にのみ使える様です。

このブログも使っています。

アナリティクスで見ると
セッション数の約5%がgoogleads.g.doubleclick.netからの流入。

よく調べたら、googleads.g.doubleclick.netからの流入は
関連コンテンツからのアクセスでした。

ここ数ヶ月のデータを確認すると3%後半から5%ぐらい。
あわよくば収益まで得る事が出来るので使える人は使った方が良いです。

スマホで見ると無限スクロールっぽく見えるので
他のページを見ようとスクロールしているユーザーへの、うけは良いのだと思います。

スポンサーリンク