ブログ記事を書く時に、気にするコンテンツの旬と賞味期間。

記事はデジタルデータなので賞味期限などありませんが、
検索流入の賞味期限、旬です。

まずは、コンテンツの旬からです。

コンテンツの旬とは

季節でアクセスが増えたりするのが、コンテンツの旬。
アフィリエイト界隈では3月が引っ越しなど、がありますよね。

旬なので、概ね毎年増減を繰り返します。
私のブログでよく書いているメダカのトレンドを調べると、

゛メダカ゛の検索トレンド

大体6月から7月がピークとなり12月から2月が一番少ないです。

実際は"メダカ 冬眠"など他のキーワード流入もありますが
やっぱりアクセス数は減ります。

旬の特徴は、特定の時期にアクセスが増え
特定の時期にアクセスが減ることです。

スポンサーリンク

コンテンツの賞味期間

コンテンツの賞味期限は、キーワードが検索されなくなり
検索流入からの流入が激減したり無くなる事。

例えば、昔私が使っていたスマホIS03のトレンドを見てみましょう。

IS03_tr

2010年の登場時は、検索数が伸びていますが
2014年には0になっています。

賞味期限は、検索流入が無くなった状態を言います。

トレンドキーワード

トレンドキーワードは賞味期限は短めですが、多くの検索流入を
狙えるキーワードの事。

多くは時事的なキーワード。

芸能人の結婚やニュースなど人々が気になるキーワードです。

トレンドキーワードを使ったトレンドブログは
一気にアクセスを集めれれますが、すぐにアクセスは減る傾向なので
アクセスを維持するには次々と記事を投下する必要があります。

コンテンツの賞味期間が長めな記事を書く

トレンドキーワードだとアクセスが増えすぐ減るので
1つの記事で長期的に多くのアクセスを集めたいなら賞味期限が
長い記事を書くと良いです。

キーワードのトレンドは、Googleトレンドで確認する事ができます。

検索数の少ないキーワードは、Googleトレンドで見る事が出来ないので
検索ボリュームの少ないキーワードはAdwordsキーワードプランナーで確認
出来ると思います。