チームに追いついた小野田・RIDE.326坂道vs京伏・山口

アニメでは坂道が1年目のインターハイ2日目を終えた所
【関連】屍の上を走る覚悟!弱虫ペダルROAD4
マンガ、週刊少年チャンピオンで連載中のマンガ、弱虫ペダルでは
坂道2年目のインターハイの1日目が始まっています。

なお、ネタバレを含むのでネタバレを見たくない方は、ブラウザの
戻るボタンなどで戻ってください。

2年目のインターハイ・ゼッケンナンバー1は坂道!

そりゃそうです、なんせ1年のインターハイでは僅差で優勝してしまうんですから!
総北は去年の優勝校なのでゼッケンナンバーが1桁のヒトケタゼッケン。
ちなみに自転車も変わっていて無名のクロモリからBMCのカーボンフレーム。
1年の時のクロモリより重量が半分、でも問題なのは坂道のメンタルです。

2年目のインターハイ・ゼッケンナンバー1は坂道
弱虫ペダル35巻・RIDE296ヒトケタ・ゼッケンより

2番はエースの、今泉俊輔、
3番は目立ちたがりやの鳴子章吉、去年は東堂さんでした。
4番は3年の青八木一
5番は3年キャプテンの手嶋純太
6番は1年の鏑木一差
の6人がインターハイに出場しています。

豆腐と鉄のメンタルを持っている坂道

1年目のインターハイも緊張してこけたりテンパっていましたが、
2年目は前年優勝と言うこともあり、1年目よりも緊張しています。

2年目のインターハイ直前はこんな感じ

2度目のインターハイで緊張してあたふたしている坂道
弱虫ペダル35巻・RIDE300二度目のスタートより

外に選手がたくさん、強そーっってあんたが一番だよ坂道さんといってやりたいです。

こんな豆腐メンタルですがスイッチが入れば鉄のメンタルに変わります。
ON・OFFがとても激しいです。

今回スイッチを入れたのは青八木さん、スタート前にはもう鉄のメンタルに

鉄のメンタルに切り替わった小野田坂道
弱虫ペダル35巻・RIDE300二度目のスタートより

もう、小野田坂道はスイッチをONにしてヒメヒメ歌わせれば最強だと思います。
ちなみに、
1年の時は、恋のひめひめぺったんこを
2年の時は、ヒメのクルクル片思いを歌ってる様です。
どちらも坂道が見ているアニメ『ラブ★ヒメ』のオープニングテーマです。
【関連】「恋のヒメヒメぺったんこ」と「ヒメのくるくる片思い」

チームに追いついた坂道・トップまで4分30秒差

坂道2年目のインターハイは1日目。
トップは2年の真波と総北キャプテンの手嶋。
坂道は集団で阻まれて集団を出る事が出来なかったのですが手嶋の順位を見て
トップに追いつく事を決意。

その後、集団を抜け出しいつものハイケイデンスでチームに近づきます。
その手を阻むのは、1年の時も出会った、御堂筋!

今回は御堂筋が協調しないかと誘ってきましたが、
断りまっすぐ進みます、それを追うのが京伏の山口でした。

しかし、スプリンターの山口が引き、チームに追いつくのでした。

2年目のインターハイでチームに追いついた坂道
弱虫ペダルRIDE.326 坂道vs京伏・山口より

しかし、坂道がチームに追い着いた時点でのタイム差は4分半。
青八木さんや今泉くんはうしろに付いて休めと言います。

しかし、先頭へ行く事を決意した坂道。

2年目のインターハイ、真波と手嶋が居るトップを狙う坂道
弱虫ペダルRIDE.326 坂道vs京伏・山口より

先頭には2年になって性格が悪くなったと言われている真波山岳と
総北の手嶋純太キャプテン。

真波の質問が面白くて、一部抜粋しますが
真波『坂 好きですか?
手嶋『苦痛だよ
真波『キライなものやりつづけてものびないですよー
と1年先輩相手の毒舌を吐いています。

あとがき

次回はどうなるのか?チームとトップの間は選手がいなさそうなので
手嶋vs真波に戻るのか?

巻ちゃんも坂道を応援するためにイギリスから一時帰国、
金城さん、田所が空港まで迎えに行って旧3年が揃ったことですし
田所さんの運転する田所パンの車の中の話が見たいなと思っています。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)