鳴子が出しきって箱学に追いついた第十五話「鳴子!真骨頂!」

今回は先週、放送された回。

鳴子が箱学に追いついて、力尽きるまでの話です。

第十五話「鳴子!真骨頂!」

スプリントクライムで目立っている鳴子章吉

元々は、スプリンターで坂は苦手。
実際にウェルカムレースでは今泉、初心者だった小野田くんにまで抜かれています。

合宿後、インターハイのレギュラー入りが決まった時の田所さんとの話。

もう、インハイジャージは返さへんからなと言う鳴子くん

田所っちは、鳴子にお前は登れと言いました。
色々あって、今泉に隠れて練習していた様です。

まぁインターハイ後、巻ちゃんも別の人物に
おまえは登れショと言います。

クライマーは2人いないとキツイでしょうしね。

現・クライマーコンビの方が頼りがいがあって好きです。
総北のクライマーコンビ。巻坂

鳴子は練習の結果、下ハンドルでダンシングするスプリントクライムを出しました。

回りにいる観戦客とハイタッチまでしています。
しかし、上りでダンシングは長くは続かないはずなので今泉に下がれと
言われても先頭を走り続け頭に血が通わなくなったのか
視界が狭くなってしまいます。

この時、カーブが右か左かを小野田くんに言ってもらうのですがこの時の
やりとりも良かったです。

また、目がおかしくなった鳴子の目も良いです。

1年目のインターハイ3日目・目が見えづらいくなった鳴子章吉

その後、箱学に追いついた所で力尽きた鳴子。
その時小野田くんの表情も良かったです。

次回は、今泉がエースと名乗り出ます。

ちなみに、2年目のインターハイ1日目は終盤ですが
今泉と鳴子がエースはオレだと言い張っています。
現在、箱学の黒猫と戦っている所です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)