多華宮 仄(たかみや ほのか)とは

ウィッチクラフトワークスでの登場人物と言うか主人公。(CV小林裕介)
名前はとなっていますが仄火の時もあります。
過去のかざねとの回想シーンではそうでした。
妹に工房の魔女でもあるが居る。

多華宮 仄(たかみや ほのか)

多華宮 仄 | TVアニメ「ウィッチクラフトワークス」公式サイト

ウィッチクラフトワークス(2) (アフタヌーンKC)

冬月高校2年F組出席番号7番。
好きなモノはペンギン、趣味は彫刻。
火々里さんの魔法の弟子ですが修行は魔法より勉強
コミック2巻では火々里さんが姫としての権力を行使して
生徒会長となった。
社会人になったらペンギンを飼いたいらしい。
2年生の5月に冬月高校に転校して来たみたいです。

火々里さんとは同じクラス、席は隣、日直も同じ、
バスの時間もよくかぶる必ずかぶる。
塔の魔女に襲われるまでは火々里綾火と関わる事は無いと思っていた。
実際、バスではすし詰め、自分の席では邪魔者扱い、消しゴムを
拾ってもらったら親衛隊に殴られるなど。
最初は火々里さんを避ける様に、右手で頬杖をついていたが、
火々里さんを信頼するようになってからは左手で頬杖をついている。

火々里さんと多華宮くんには過去で繋がりがあるみたいで、
多華宮くんは記憶が消されていて、小学生時代に何かが有った模様。

多華宮くんにはKMM団が白いアレと言っていたエヴァーミリオン(白姫)
が封印されているが、クロノワールの飴を使ったので
5個ある封印が1つ解かれた。
これから2〜5の封印も段階的に消えてしまうらしい。
エヴァーミリオンには仄きゅんと呼ばれていました。

メデューサと言うかエヴァーミリオンによって
火々里さんの家が崩壊(見晴らし満点ねー
したので多華宮家で同棲する事になった。
仄の母、小町は許婚と言われていました。

多華宮くんは魔法で戦う事は出来ませんが魔力だけはあるみたい。
かざねの代わりに街と契約したり、街を元に戻したりなど。

多華宮くんは火々里さんの魔力源。
火々里さんへの魔力供給は距離と信頼度によって変わる。
お姫様抱っこが一番、魔力供給が高いとか。
多華宮くんが受けたダメージが火々里さんに移るダメージ移転、
この設定は細かいのでコミック3巻

の設定+舞台裏を参照してください。

ダメージ移転の上位版、位置交換。
位置交換は主である多華宮くんしか使えません。
これもコミック4巻

の設定+舞台裏を参照してください。

今度、火々里さんの実家に行くらしい。

多華宮くんの学校での悩みは席順。

 多華宮くんの悩み・魔女に囲まれた悪意のある席順

右側に火々里さん、左側にKMM団の
桂 虎鉄(かつら こてつ)
宇津木 環那(うつぎ かんな)
飾 鈴(かざり りん)
目野輪 冥(めのわ めい)
倉石 たんぽぽ(くらいし たんぽぽ)・耳の人。

もれなく魔女に囲まれた悪意のある席順が真っ先に思着く悩みだそうです。

 

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)