エルヴィンの革命が成功した進撃の巨人・第61話

前号ではエルヴィンが王の前に出て来た所で終わっていましたが、
今号ではこの続きでした。

進撃の巨人、第61話 終幕

このままでは、エルヴィンは処刑されてしまう所でしたが
交渉が決裂したと言われていたピクシス指令も登場しました。

進撃の巨人 61話でのエルヴィンとピクシス指令

ピクシス指令や王政との話は終わり、処刑台に連れて行かれる所でしたが
その時!ウォールローゼとストヘス区の壁が破られたと報告があり
ピクシス指令が住民の避難を指示した所、
王政は壁を封鎖して、避難民をウォールシーナ内入れるな!と言い出しました。

憲兵団の師団長ナイル・ドークは家族はウォール・ローゼ内に住んでいるので
王政に反発した所、加勢したのがザックレー総統。

ピクシス指令、ザックレー総統、エルヴィンは王政に賭けていた様で
王政が住民を守る様なら反乱を起こした首謀者として首を差し出す覚悟
だったみたいです。

ちなみに、壁が破られたのは誤報です。

進撃の巨人61話、フリッツ王はただいの老いぼれ

 

この後、王都や行政区はザックレー総統が仮おさえして
調査兵団のえん罪は暴かれ、自由の身となりました。

しかし、真の王であるロッド・レイスとエレン・ヒストリアが見つからないので
次号は調査兵団と王都に居なかった中央憲兵の戦いになりそうです。

噂ではコミック17巻ぐらいまでには衝撃的な展開があるらしいので
そろそろかな?と思っています。

スポンサーリンク
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE