次期団長?ハンジさんが久しぶりに登場した進撃の巨人第60話

いつもより、投稿時期が遅くなってしまいました、
別冊少年マガジン9月号の進撃の巨人第60話。

主人公?のエレンが登場しない進撃の巨人

ここまで主人公が登場しないマンガも珍しい気がします。
しかし、別冊少年マガジン9月号には特別付録としてコミック14巻のカバーが付いていました。
別マガ仕様のカバーは久しぶりなエレンでした。

14巻別マガ仕様のカバーのエレン・イェーガー

今回は、14巻の続きからそのまま読めると言うことで先月の59話から載っていまいた。

14巻の表紙は左から、エルヴィン団長とハンジさん(次期団長?)とリヴァイ兵長。
ケニーとの戦いが酒場だからなのかバーが表紙の舞台となっています。

リヴァイ兵長とミカサが別マガの表紙になっていましたが、結構カッコ良かったです。

できればそのうち、QUOカードかなにかにしてくれると嬉しいです。

ちなみにこの表紙のラフが、原作者の諫山創先生のブログで見ることが出来ます。
それがこちら別マガの表紙、ラフにはアルミンらしき人物が居ましたが、
別マガでは俺たちは無敵た!!と大きく入って見えませんでした。

進撃の巨人 第60話・火種

60話はリヴァイ兵長らが中央憲兵のアジトに乗り込んでからの話。

どうも、乗り込んだアジトにはエレンとクリスタ(ヒストリア)は居ない様でした。

エレンとクリスタは中央憲兵のアジトに居なかった

中央憲兵もケニーに何も教えられて無い様で、
ケニーの苗字であるアッカーマンと言う苗字が出た時に、同じアッカーマン姓であるミカサが
びっくりしていました。
またリヴァイ兵長も知らなかったみたいです。
ケニーの苗字がアッカーマンなのを知ってびっくりするミカサと兵長

その後、トロスト区でハンジさんとリーブス商会の会長の息子、フレーゲルが
中央憲兵を倒し、フレーゲルがリーブス商会を守る事を決意していました。

最後に心配なのが、エルヴィン。

IMG_7192

王の前で
最期に言い残したいことはあるか?
と聞かれていたのでこのまま行くと処刑されてしまうのかもしれません。

次回、リヴァイやハンジの足掻きが届くのか、楽しみです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)