スポンサーリンク

前回は、調査兵団が出発しましたが、
今回は、シガンシナ区へ到着するまでの話です。

73話・はじまりの街

始めは夕暮れなので馬に乗っていました。
日没後、夜は馬を降りて行動します。
巨人は、基本的に夜は行動しません。

森の中を馬を降りて移動する調査兵団

手には、とある石をつかった懐中電灯を持っています。

そして、森の中で巨人が休んでいます。

夜間の森で休む巨人を見つける調査兵団

ハンジさんが捕らえたいとか言っていますが、
今回の目的はコレでは無いので先に進みます。

そして、森を抜けると5年ぶりのウォールマリアが見えます。

ウォールマリア直前で立体機動に移る調査兵団

そして、シガンシナ区に。

しかし、妙な事にシガンシナ区に巨人が1匹も居ません。

そして壁の上に上る調査兵団。
そんな中、アルミンが焚き火の跡を見つけました。

アルミンが見つけた焚き火の跡

焚き火を急いて落とした跡、
これはライナー、ベルトルトが近くにいる証です。

そう、ライナーはどこかに隠れています。

隠れるベルトルトと調査兵団を襲う罠

それにしても、ベルトルトが立体機動装置を付けています。
メンテナンスなどは訓練兵団の時にやっていると思います。

しかし、ガスはあるのかな?と思ってしまいます。
まだ、獣の巨人の人は登場してないので今後どうなるのか楽しみです。